ozawaの書評


2.「チャーズ 中国建国の残火」遠藤誉著 朝日新聞出版 [単行本1700円] (2017.04.06)

 2012年に刊行されているので5年前の本である。舞台は日中戦争後の旧満州なので1940年代後半。しかしこの本には元となる原本が有ってそれらは前世紀、1980年代に書かれている。残念ながら原本2冊は既に廃刊されていて手に入らず、図書館で見つけて読んでみた。内容は基本的には踏襲されているので、2012年発行のこの本を読めば、当時(1940年代)の事を知るのに問題は無い。どちらにしても私はもっと早く読む機会が有れば良かったと思っている。

 著者は旧満州長春で生まれで、父親は製薬工場を経営しており技術者でもあった。戦後満州の民間人は日本に帰った訳だが、技術者として中国に必要とされた父親は帰還する事が出来ず長春に留まった。当初は国民党軍の支配下だったが、国共内戦に巻き込まれる事となった。

 その国共内戦のさ中、ある日突然長春は電気水道などライフラインが止まり、鉄条網内に食糧封鎖される事となった。封鎖したのが中国共産党軍であり、閉じ込められたのが国民党軍と一般市民。鉄条網の檻に囲まれたという事なのだろうが、その出口がチャーズと呼ばれる地帯で、そこを抜けて長春から出るのには共産党軍側に認められる必要が有った。認められないものは出る事は出来ず、食糧も無くなり約10万人とされる多くの餓死者を出した。

 確かに共産党軍による戦闘で死んだものではないが、食糧封鎖の結果餓死したのだから、実質的には殺されたものである。その数約10万人は日本の歴史家(秦郁彦氏)が南京事件で約4万人の死者が出たと推測されるのに比較して相当に大きく、大虐殺と言って良いものだろう。しかしその事実はこの本以外で語られた事が有っただろうか? 国共内戦でいったい何人の犠牲者が出たのか知らないが、長春の食糧封鎖で死んだ者の多くは一般市民だ。この歴史的事実は、後世に伝えて行くべきものだろう。


1.「毛沢東 日本軍と共謀した男」遠藤誉著 新潮社[新書版820円] (2017.02.20)

 著者は筑波大学名誉教授だが、実は長春生まれ(当時は満州国新京)で中国共産党に翻弄された人生前半を送られている。

 その翻弄された人生前半については別著「チャーズ 中国建国の残火」に詳しいが、長春は敗戦後ロシア軍に侵攻され、更には国民党軍に占領され、八路軍(中共軍)によって包囲され、電気ガス水道を止められ、食料封鎖。結果は餓死者共産党発表で12-15万人、国民党発表で65万人。つまり東京裁判で約10万人(日本の歴史家は約4万人、共産党は当初10万人、その後30万人)とされている南京事件などと比較にならない大虐殺が中国共産党によって1948年に行なわれている。

 この本の中身は潘漢年という上海や香港で活躍した中国共産党のスパイの話になる。潘漢年は毛沢東によって送られたスパイだが、日本軍から金を得る見返りとして国民党の情報を流していた。当時の共産党は国共合作をしていたので国民党の軍事情報が有った。つまり本来共に日本と戦っているはずでありながら、実は日本と通じていて、日本によって国民党を叩いてもらう、つまり国民党の弱体化を狙っていた。更には日本の敗戦後、その武器の供与についても話していた。

 まとめてみれば、中国共産党は抗日といって日本と戦っていたのではなく、日本を利用して国民党の弱体を図り、日中戦争後の国民党との内戦に利するようにしたという事。毛沢東が戦後、皇軍に感謝すると言ったのはそうした意味である。



HOMEページに戻る---> RETURN