kobo glo


7. 電子リーダーの今後 (2016.12.20)

 kobo gloに限らず、電子リーダーを十分に使っているとは言い難く、結局読書は紙の本になっています。kobo gloは通勤のバスの中で読書していましたが、バス通勤自体が無くなってしまいました。電車の場合は明るいので紙の本が読めますが、夜のバスではバックライト付きkobo gloを重宝しました。

 電子リーダーにすれば、紙の本よりも安く買えるというメリットがありますが、最近は図書館で借りて読むのが多いので、買う事自体も少なくなりました。図書館貸し出しも電子リーダーにしたらとも思いますが、著作権保護との問題でなかなか難しいものと思います。図書館貸し出しも本来は著作権者に貸出し回数で利益還元すべきと思いますが、そのようにはなっていないものと理解しています。

 kobo gloで言えば動作が遅いので、画面が多少小さくても速いスマホ読書の方が良いと当方は思います。漫画を読む若い世代だと、嵩張る漫画本よりは電子リーダーの方が良い気もしますが、当方には関係有りません。確かに辞書を使うとか、文章内の文字列検索とかですと電子リーダーに強みはありますが、寧ろ私はPCでそれを使いたいです。しかしPCへの有料ダウンロードは確立されていないと思われ、結局は紙に戻ります。

 将来的には、決定的なリーダーソフトが生まれて、教科書から漫画までタブレット一枚という事になるものと思いますが、そうなるのにはまだ時間を要しそうです。kobo gloも当面は積読というか積リーダーです。


6. kobo新製品と利用の現状 (2015.08.10)

 kobo glo HDの情報です。税抜き12,800円ですが、高解像度が売り物のようです。しかしmicroSDが無くなったので私の購入対象にはなりません。

http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1507/23/news121.html

 さて、2台のBook Readerは殆ど使っていません。1台は会社に置いていますが、そもそも昼休みも殆ど仕事しているので使う暇がありません。

 もう1台は自宅に有りますが、出掛ける時はTabletを持って行きますので、Book Readerは持って行きません。結局使う機会が無いという事になっています。

 そのTablet (Memopad) が一番読書に使える訳ですが、現実にはBook offで買った紙の古本で読書してますので、こちらも出番は少ないという事になっています。まぁ仕方のないところでしょうか。


5. kobo gloと初期のSONY Reader (2015/02/17)

 3年半前に老親にプレゼントしていながら全く使われていなかった初期のSONY Readerを回収して来ました。

 既にKobo gloもSONY readerも旧機になっているので今更比較したところで大きな意味はないですが、取り敢えずまとめてみます。因みに大きさと重さはほぼ同じで、電池の持ちはまだ比較していません。

 先ずパッと見で判るようにReaderには操作ボタンがありますが、kobo gloにはないです。kobo gloの欠点の一つがタッチパネルの反応の遅さである事を思うと、これは結構な違いです。後発のkobo gloはWifi対応で初期Readerは非対応すが、そもそもWifiを私は使っていないので、これは両者どちらでも同じです。

 データの追加はどちらもSDでやりますが、一長一短のようです。kobo gloはepubに変換してkepubに拡張子変更と面倒です。Readerはテキストでも良い訳ですが、そのままだと横書きで読み難いので結局PDFに変換して入れたりします。

 kobo gloにはバックライトがあり、夜のバスなんかでは重宝します。しかしバックライトを利用する時間は限られるので、当面会社へはSONY Readerを旅にはkobo gloを持って行こうかと考えています。


4.利用評価(2) (2013/12/01)

 五千円以下の買い物として、現状程度に使えていれば御の字です。

 しかし定価約八千円の製品として大きな問題は下の二点です。

(1) 反応が遅い。

 これは前回も書きましたが致命傷です。単に遅いだけならまだいい訳ですが、タッチが効いていないと思って二度押しすると、二度目は次画面で押したと認識されて意図しない画面に飛びます。これは使えません。

(2) しおり機能

 これはまだ私が機能を十分理解していない可能性もありますが、少なくともアンドロイドスマホのアプリは正確に機能しているのでkobo gloは問題です。kobo gloでは読み掛けでスリープ、電源オフさせて、その時点でのページを正確に記憶出来ていないのか、次回読書開始時にそこから始まりません。

 画面ではフォントサイズによって一画面でのページが変わるので、それに依存しないページ単位で管理されているのかと考えています。青空文庫本だと節の単位でのしおりは問題ないようですが、通勤読書で使う機械としてそれで良い訳はありません。私の使い方の問題となればよいのですが、今のところこのように動いて欲しいという動きになっていません。


3. 利用評価 (2013/11/23)

 利用二週間を経ての取り敢えずの評価です。

 買値が5千円以下で、青空文庫を読む事主体としては問題のない電子リーダだと思います。microSDからのデータ投入は容易ですし、フロントライトが有るので暗い所でも読めます。今のところ私は使っていないものの、Wifi接続もあります。しかし欠点もかなりありますので以上にまとめます。

(1) 反応が遅い。

 タッチしてもすぐには反応しないというか、忍耐力のない私には厳しいマシンです。

(2) もう少し軽い方が良い。

 カタログで185グラムですが、もう少し軽いとホームの電車待ちで読むのは楽です。新製品kobo auraにしても10グラムしか軽くはならず、スマホ読書の方が楽です。因みに私のスマホは150グラムです。

(3) 回転やピンチイン・ピンチアウトなし

 英語の文を読む事を考えると横置きも欲しい所です。フォントの大きさは変えられますが、スマホの慣れで言えばピンチイン・ビンチアウトもしたくなります。

(4) 辞書をもっと使い易く

 英和辞書は入っていなかったのでダウンロードが必要です。しかも一度英英辞書になってから翻訳辞書として英和辞書に切り替えます。カスタマイズしてこれが直せるのかわかっていないのですが、少なくとも現状使い易いとは言えません。

 さて、microSDは使えてもフロントライトのないSONYリーダー、3G回線は無料なのにmicroSDもフロントライトもないないamazonのKindle。Kindleは最低フロントライトを付けてくれたら買ってみたいと私は思っています。kobo gloが青空文庫専用なら、kindleは新刊書用途として。


2. 本の初期投入 (2013/11/18)

 基本的に電子リーダはソニーや三省堂やamazonや楽天やらの本サイトから本を購入しダウンロードする事が前提になっています。しかし私は当面青空文庫中心に無料のものをダウンロードし、epubに変換してkoboに入れるという事で対応するつもりです。

 一週間後の段階で約140冊入れました。入れたものは大きく分けて三種類です。

(1) 青空文庫の文豪もの

夏目漱石、森鴎外、太宰治、芥川龍之介、島崎藤村の誤認です。

(2) その他の青空文庫もの

和辻哲郎の古寺巡礼などの他、吉川英治は三国志、私本太平記、宮本武蔵と大作なのでこれだけでも30冊以上なります。

(3) Gutenbergプロジェクト等より英語もの

 シャーロックホームズやポーの短編もの、風と共に去りぬなど英語のものです。風と共に去りぬはペーパーバックスで900ページ以上あるもので、私は数年掛けてまだ300ページくらいしか読んでいません。

 将来楽天サイトから有料の新刊本データを購入する可能性は否定しませんが、当面はないと考えています。



1. 購入一週間 (2013/11/17)

11/10日の秋葉原で4,780円で買った楽天のkobo gloです。

 koboは下の記事にもあるkobo auraを近々発売しますが、価格は定価8000円しなかったkobo gloの5割増しの12,800円とされています。その新製品が出るため旧機が秋葉原に新古品として流れたものと推測します。

http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1310/17/news128.html

 購入のポイントは安かった価格の他にはmicroSDが使える点とフロントライトです。回りの暗い所でも本を読む必要のある私にはライトは必須であり、結局評価していたSONYを買わなかった理由になりました。購入後の経緯などを下記にまとめます。


1. セットアップ

 セットアップはPCから行ないます。ソフトをダウンロードして行ないますが、私のWindows8.1マシンでは結局セットアップ出来ませんでした。仕方なくWindows7の旧機で行ないました。セットアップには楽天のID取得が必要で、これは楽天サイトより実施します。

2. 辞書

 辞書は国語辞書がデフォルトで入っています。しかし和英辞書などは入っていないため、ダウンロードして追加する必要があります。

3. 青空文庫

 私が電子リーダを使うメインな理由はこれです。セットアップ時ダウンロードしたソフトで楽天のブックサイトが見られ、そこにある青空文庫がダウンロード出来ます。しかしkobo向けのepub形式に変換したものしかダウンロードは出来ず数はごく僅かです。よって青空文庫サイトからダウンロードしたテキストをepubに変換してからmicroSDに入れてkobo gloに持って行きます。変換は下記からダウンロード出来るソフトを使っています。

http://veadardiary.blog29.fc2.com/blog-entry-4424.html

 尚、koboはepubという拡張子のままでは文字化けするのでkepub.epubと拡張子を変えて使います。



新世代品の比較記事 = http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1310/17/news128.html

同世代品の比較記事 = http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/20121210_577036.html