読書の時間


1.概論

2.コナン・ドイルとジュール・ベルヌ

3.塩野七生

4.三国志

5.シドニィ・シェルダン

6.ペーパーバックス

7.古本

105円天国

8. 吉村昭

9. 北杜夫

10. 司馬遼太郎

L.Link

番外1.電子辞書で読書

番外2.続・電子辞書で読書

番外3.青空文庫ビューア

番外4.NetWalkerで読書

番外5.その後の電子読書

番外6. スホマで読書

番外7 タブレットで読書

番外8 続タブレットで読書

番外9 iPod touchで読書

番外10 最新辞書で読書



番番外. オンライン読書録

図書館予約のコラム



1.概論

 私の主要な趣味の一つは読書です。別頁に載せている蔵書リストは2,541冊までですが、実際の蔵書数は2004年末現在3,165冊になっています。下記はもう数年前に統計したものですが、私が十冊以上読んだ国内作家の一覧です。

和久峻三

219

松本清張

61

阿刀田高

30

陳舜臣

28

立花隆

27

星新一

25

新田次郎

24

高橋和巳

22

夏樹静子

19

10 柳田邦男

18

11 大前研一

18

12 大江健三郎

18

13 北杜夫

17

14 筒井康隆

16

15 小松左京

12

この15人の内ダントツの和久峻三他斜体の5人の作家は推理またはSF作家です。これ以外でも阿刀田隆筒井康隆は推理・SFに近い作品もあり、都合7人は娯楽系の作家と言っても良いと思います。残り8人は純文学、ノンフィクション作家です。どの作家もそれなりに思いいれのある作家ですが、こうして並べて見ると最近はこの15名共殆ど読んでいません。亡くなられた作家の場合は新作が無いので例えば高橋和巳なんかの数は増えないのですけれども、現役の作家でも殆ど読んでいないのは、新作のノンフィクション中心に読んでいる事と、趣味の方向が変わってしまった事が原因と自身で考えています。


2.コナン・ドイルとジュール・ベルヌ

 私は小学校四年の頃まで殆ど本は読まない人間でした。その私が本を読むきっかけを与えた作者がこの二人です。コナン・ドイルはシャーロック・ホームズ中心に文庫本で読みましたし、ジュール・ベルヌは図書館で児童向けの翻訳本を借りて読みました。

 ドイルのホームズ作品は長編・短編含め中学までにはほぼ読み尽くしました。一方のベルヌは元々児童書以外の翻訳本が少ない事もあって中学以降読んだというのは八十日間世界一周地底探検など映画にもなった作品だけです。八十日間世界一周はつい最近映画のリメイク版が出ましたが、ストーリーが原作に忠実でないところが多く、かなり興冷めで見ました。

2.1 リンク

シャーロックホームズ博物館 = http://www.areab.co.jp/221b/top221b.htm

ジュールベルヌ著作リスト

ジュールベルヌの映画一覧 = http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=ps&id=2283&t=m

2.2 ホームズ全訳webで閲覧可能

コンプリートシャーロック・ホームズ = http://www.221b.jp/

 良い時代になったとつくづく思います。今や全翻訳をwebで見れるようです。但し、ダウンロード用のテキストは有料なようですが。


3.塩野七生

 概論に載せた15人に既に追いついている作家がいます。塩野七生です。そもそもこの作家との出会いは99年頃だったと思いますが、コンピュータで読書した事がきっかけです。新潮文庫の百冊というCD-ROMソフトを買った中に、この作者の「コンスタンティノープルの陥落」という作品が有って読み、結構面白いと感じた事がきっかけです。その後今までに読んだ塩野七生の作品は、下記表の通りですが、これ以外にも購入済みでまだ読んでいない作品もあり、当面数は増えてベストテン上位進出は確実な情勢です。

コンスタンティノープルの陥落
ローマは一日にして成らず(上・下)
ハンニバル戦記(上・中・下)
イタリアからの手紙
イタリア遺聞
サイレント・マイノリティ
人々のかたち
ロードス島攻防記
チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷
10 愛の年代記
11 勝者の混迷(上・下)
12 レパントの海戦
13 サロメの乳母の話
14 マキアヴェッリ語録
15 海の都の物語(正・続)
16 ローマ人への20の質問
17 緋色のヴェネツィア
18 黄金のローマ
19 銀色のフィレンツェ
20 男たちへ
21 男の肖像
22. ユリウス・カエサル ルビコン以前
23. ユリウス・カエサル ルビコン以後
24. パクスロマーナ
25. 悪名高き皇帝たち
26. ルネサンスとは何であったのか
27. 危機と克服
28. 賢帝の世紀
29. すべての道はローマに通ず
30. 終わりの始まり
31. ローマから日本が見える
32. 迷走する帝国
33. 日本人へ リーダー編
34. 日本人へ 国家と歴史編 
35. 我が友マキアヴリェッリ
36. 最後の努力 
37. キリストの勝利 
38. ローマ世界の終焉
39. 日本人へ 危機からの脱出編
40 ローマ亡き後の地中海世界1-4 (2-4は図書館で借りた。)

 この方はイタリア人と結婚されています。基本的にイタリア周辺の歴史をベースとした本を書かれていますが、文章の構成力がある上に、ローマ史等の歴史的背景に対する興味も尽きず、本は飽きる事なく読めます。

3.1 リンク

塩野七生の世界

塩野七生の読者と イタリアの歴史/美術/観光を楽しみたい人 のホームページ

塩野七生の部屋


4.三国志

 先ず下記は私の蔵書リストから拾った、過去に読んだ三国志関係の本です。

羅貫中                  三国志(1)                              岩波書店
羅貫中                  三国志(2)                              岩波書店
羅貫中                  三国志(3)                              岩波書店
吉川英治                三国志(1)                              講談社
陳舜臣                  三国志と中国                              文芸春秋
陳舜臣                  秘本三国志(1)                          文芸春秋
陳舜臣                  秘本三国志(2)                          文芸春秋
陳舜臣                  秘本三国志(3)                          文芸春秋
陳舜臣                  秘本三国志(4)                          文芸春秋
陳舜臣                  秘本三国志(5)                          文芸春秋
陳舜臣                  秘本三国志(6)                          文芸春秋
柴田練三郎              柴練三国志英雄ここにあり(上)              集英社
柴田練三郎              柴練三国志英雄ここにあり(中)              集英社
柴田練三郎              柴練三国志英雄ここにあり(下)              集英社
柴田練三郎              柴練三国志英雄生きるべきか死ぬべきか(上)  集英社
柴田練三郎              柴練三国志英雄生きるべきか死ぬべきか(中)  集英社
柴田練三郎              柴練三国志英雄生きるべきか死ぬべきか(下)  集英社
志茂田景樹              大三国志(上)                              講談社
志茂田景樹              大三国志(中)                              講談社
志茂田景樹              大三国志(下)                              講談社
#                       三国志 上                                 学習研究社
#                       三国志 下                                 学習研究社
#                       三国志の英雄たち                          新人物往来社
芦田孝昭訳              物語三国志                                社会思想社
井波律子                三国志演義                                岩波書店
井波律子                読切り三国志                              筑摩書房
久保田千太郎            三国志                                    講談社
狩野直禎                「三国志」の知恵                          講談社
小松健一                三国志の風景                              岩波書店
松本一男                三国志男の名言101                      三笠書房
竹田晃                  三国志の英傑                              講談社
中川昌彦                三国志に学ぶ                              講談社
陳舜臣                  諸葛孔明(上)                            中央公論
陳舜臣                  諸葛孔明(下)                            中央公論
植村清二                諸葛孔明                                  中央公論社
立間祥介                諸葛孔明                                  岩波書店

 羅漢中の原作は途中までしか読んでいませんし、吉川英治三国志もそうです。しかしフィクション・ノンフィクションそれぞれ:結構読んでいる方だと思います。それでも興味を持って読み始めたのは三十代以降からです。中学の同級生のI君などは、中学1、2年の頃に羅漢中の本を読んでいましたから、随分と違います。

 三国志の面白い所は、多くの登場人物の個性的なところ、当時の武力闘争における戦略面での面白さ、故事の出典などに対する歴史的な面白さなどでしょうか? 私はする機会がありませんでしたが、パソコンゲームの面白さで三国志派になった人も多いものと思います。

4.1 リンク

三国志ホームページ

三国志研究室


5.シドニィ・シェルダン

 私が松本清張を読み始めたきっかけは、母親がファンで大量に清張の作品を持っていたからです。同様にシドニィ・シェルダンを読み始めたのは父親がシェルダンのペーパーバックス・訳本を沢山持っていたからです。実家にたまにしか行かない今となっては、基本的に自費で買っています。しかしシドニィ・シェルダンの場合、訳本を速読する、原本を精読する、映画(多くは米国テレビなのでVIDEO鑑賞)を見るという三種の楽しみがあります。以下は私のシェルダン歴です。

No.

邦題

原題

訳本

原本

映画

1

ゲームの達人 Master of Game

借物

PB

VIDEO

2

時間の砂 Sand of Time

借物

 

VIDEO

3

明日があるなら If Tomorrow comes

借物

PB

VIDEO

4

血族 BloodLine

借物

PB

日本ドラマ

5

真夜中は別の顔 The anotherside of midnight

借物

 

VIDEO

6

明け方の夢 Memory of midnigth

新書

 

VIDEO

7

私は別人 a Stranger in the mirror

単行本

PB

VIDEO

8

天使の自立 The rage of angles

新書

PB

VIDEO

9

神の吹かす風 Windmills of gods

新書

 

VIDEO

10

星の輝き Stars Shine Down

新書

   

11

遺産 morning,noon & night

単行本

   

12

女医 Nothing lasts forever

新書

PB

 

13

Naked face

新書

   

14

陰謀の日 The Doomsday Conspiracy

新書

   

15

空が落ちる The sky is falling

新書

PB

 

16

よく見る夢 Tell me your dream

新書

PB

 

17

逃げる男 Man on the run.

新書

   

18

億万ドルの舞台 The Dictator

新書

   

 シドニィ・シェルダンはミステリー作家に分類されるのだと思いますが、推理小説ではありません。それでいて長さを感じさせないテンポで流れ、読んでいる時間を忘れさせます。超訳という訳の良さが原因と思っていましたが、Tell me your dreamを英語で読んだ感触では、原作でも同じ事が言え、要するに原本のストーリー展開がうまいという事だと思います。

5.1 リンク

シドニィ・シェルダンを読もう


6.ペーパーバックス

 かって以前に10冊はペーパーバックスを買って読んでいましたが、多くの本は途中でGive Upし、最後まで読んだのは大学の頃だったか、Love Story くらいかも知れません。Erich Segalのこの本は英語が易しかった事が原因です。

 しかし最近になってまた読み始め、既に数冊を最後まで読んでいます。若い頃の読書のように知らない単語が出てきて手元に辞書が無いと先へ進まない読書ではなく、判らない所はそのまま読み飛ばしているからです。それでもストーリーの全般を把握するのには大して問題にはなりません。因みにまた読み始めた理由は単純でペーパーバックスの値段が下がって和書並みの価格で買えるようになったからです。値下げ前1500円程度だった本が今は1000円前後で買えます。下記は最近買った本のリストでずが Gone with the wind.なんかは1024ページの分厚い本が1092円と安かったのでつい買ってしまったものです。

     
Sidney Sheldon Bloodline 購入済
Sidney Sheldon The sky is falling 購入済*
Danielle Steel 5 days in Paris 購入済
Danielle Steel Second Chance 購入済
Sidney Sheldon If tomorrow comes 購入済*
Sidney Sheldon Master of Game 読書中
H.G.Wells The Time Machine/ The Invisible Man 時間がないので打止め
Dan Brown Angel and Demon 読了
Lauren Weisberger The devil of prada 読了
Arthur Golden Memory of a Geisha 読了
# (From movie) Mr. & Mrs. Smith 読了
Jennifer Weiner In her shoes 読了
Raymond Benson Die Another Day 読了
J.K.Rowling Harry Potter and the Philosopher's Stone おもしろくないので打止め
Dan Brown Da Vinci Code 難しいので打止め
Margaret Mitchel Gone with the wind 読書中
Whitley Strieber The day after tommorrow 読了
Sidney Sheldon Tell me your dream 読了
Arthur Golden Memory of a Geisha(抄訳) 読了
Andy Weir The Martian 図書館で借りて読書。

 中年の域になっても十分に英語の本が理解出来ないのは悲しい事です。私は理科系の大学を出ていますが、そもそも英語の学力がなくて点を取れなかった事が理系に進んだ原因です。英語力が有れば法学部にでも行って、法曹関係の仕事についていたかも知れません。英語力がなくて理科系に進み結果としてエンジニアをやっていながら、仕事の多くに英語が関わっているという皮肉な状況にもなっています。逆に言うとそうした状況が、ペーパーバックスを読むアレルギーを無くしている感じです。

6.1 リンク

ようこそペーパーバックスの世界へ = http://www.max.hi-ho.ne.jp/tmwaki/

お気軽ペーパーバックの楽しみ = http://www2m.biglobe.ne.jp/~okiraku-/


7.古本(2005.01.09追記)

 ここ数年余り古本と縁は無かったものの、最近は良く買います。自宅近くに小さいながら古本屋があることと、会社近くの駅傍にBOOK OFFを見つけたからです。買うのは割と最近のエッセイとか3.で紹介した塩野七生の小説などです。新刊書でないものは新本である必要はないし、かと言って自宅周辺に使い易い図書館など無いからです。

 古本と言えば中学・高校の頃は神田周辺の古本屋には随分と通いました。夏目漱石の本にしろ10円でも安いものを探して、多くの古本屋を徘徊しました。しかし最近は青空文庫などもあって、古典を無料で読めるオンライン環境が有りますので、若い方々はそうした古本屋の利用は多分もうしないでしょう。

 BOOK OFFは神田周辺の古本屋とは全く雰囲気が異なります。良く行くBOOK OFFは入り口近くが殆ど漫画・アニメで若者が溢れています。当方が本を探す文庫や単行本のエリアは、アニメエリアに比較すればガラガラです。基本的に定価の半額くらいですが、売れない本は別のエリアで105円で売られています。この105円エリアでまだ掘り出し物とは出会っていないのですが、そのうち巡りあえるものと考えています。買ってはいませんが、「風と共に去りぬ」の訳本の単行本三冊で315円なんていうのは極楽の世界だと思います。

105円天国 (追記:2010.10.19)

 以前は週一冊新刊本を読んでいた時代も有ったのですが、最近は殆ど買いません。新刊本の値が高いという事よりも本を置く場所がないというのが現実です。では図書館を使えばというのが考えられる選択肢ですが、残念ながら自宅のそばに良い図書館はありません。その代替という事でもないですが、最近はBOOK OFF中心に買う105円本読書が中心です。105円本は読んで良ければ蔵書にしますが、たいした内容で無かったものはそのまま捨てます。

 以前の古本屋は本の元の定価で価格が異なりましたが、BOOK OFFは先ずは350円程度の価格で、売れないとなると105円に下げるとされています。実際には割と新しく売れ筋の本は350円近辺で、多少古い余り人気の無さそうなものは105円という感じで元の定価は無関係です。よって105円本の中で綺麗で且つ良い本を見つけるのはかなり苦労します。しかも複数冊に分かれているもので、その全てが手に入るとは限りません。例えば私は村上春樹の「海辺のカフカ 上」を105円で買いましたが、「下」の方は暫く待っても手に入らず、結局400円のものを250円で売っていた特売日に買いました。しかしそれでも新刊本よりはかなり安い訳です。

 最近読んだのだと谷崎潤一郎の「痴人の愛」はBOOK OFFで手に入れました。谷崎潤一郎は古典ですが、まだ著作権は切れていないようで青空文庫には見当たりません。新刊本だと660円もしてとても買う気にはならないのですが、少し古く綺麗とは言えない本でも105円なら納得出来ます。

 神田の古本屋は稀覯本だと値が高くなります。例えば岩波新書でも既に絶版の本だと古本だからと言って安いとは限らないのですが、BOOK OFFだとそんな事は考えていません。岩波新書の「吉田松陰」を買おうとしたらこれは既に絶版で新刊書として手に入りませんでした。ところが先日BOOK OFFでこれを見つけ、105円で購入です。神田で仮に見つけていたとして幾らで買えたのでしょうか?

 105円だと定価では買う気になれない本も購入して読めます。例えば佐藤優氏の「国家の罠」定価705円は文庫で2007年の発売ですが、当時読みたいとは考えたものの、元官僚の本を積極的に読みたいとは思いませんでした。しかし105円なら問題ありません。検察による証拠捏造なんかが明らかになった今となると、この佐藤優氏の本は是非読んでおくべき本なのではと考えます。

 ともあれ秋の夜長は読書です。手元には10冊以上の105円本が溜まっていますが、これで足りるとも思っていないので、会社からの帰宅途中でのBOOK OFF巡りは暫く続きそうです。是非良い本を仕入れたいものです。


8. 吉村昭 (2010.11)

 安い古本をここ数年よく読んで、それ以前に殆ど読まなかった作者に幾人か出会えました。吉村昭の場合は以前から知っていて、彼の「星への旅」を読んだのはまだ学生時代だったと思います。十年程前には電子書籍で戦艦武蔵を読み、彼の著作に惹かれはしていたものの、機会はありませんでした。しかしここ一年でいきなり増えて来ました。買値は皆105円です。

 今年は「桜田門外ノ変」150年と言う事で彼の著作が映画化されましたが、まだこの本は入手していません。彼の本は江戸時代以降の歴史本が多く、史実を描いたものに秀逸なものが多く有ります。

1 星への旅 読んだのは学生の頃
2 戦艦武蔵 電子書籍
3 史実を歩く 吉村昭の読書復活の切っ掛け
4 高熱隧道 黒部の熱水トンネルの実話。是非読んで欲しい力作
5 破獄 脱獄王の話。
6 ポーツマスの旗 小村寿太郎のロシアとの交渉を描く
7 生麦事件 生麦事件が明治維新へのターニングポイントとなった。
8 闇を裂く道 丹那トンネル掘削の話。このトンネルが貫通するまでに何人犠牲者が出たのか? 大量湧水は地元の渇水をもたらした等、断層にまつわる自然力に興味。
9 大本営が震えた日 真珠湾開戦日までの軌跡。
10 関東大震災 被服廠跡で約四万人が亡くなられた火災旋風や朝鮮人暴動の流言など両国生まれのwebmasterとしてはもっと早く読んでおくべき本だった。
11 海の史劇 歴史的大勝利となった日露戦争日本海対戦の歴史書。バルト海からインド洋を回って日本海まで大航海して来たロシア海軍にはそもそも勝機はなかったのではと考えさせられる。
12 冬の鷹 解体新書の翻訳作業、杉田玄白・前野良沢の話。翻訳の中心人物で有りながら、訳者として名も出なかった良沢側に立って描いた歴史書。
13 ニコライ遭難 大津事件の歴史的背景を綴る。この事件で日露が戦争といった事態にはならなかった経緯が良く判る。
14 深海の使者 戦時中の日本潜水艦の苦難を描いた佳作。
15 漂流 江戸時代に漂流して鳥島に辿り着いた漂着者の話。船を作って青ヶ島・八丈島へ辿り着くまで10余年の苦闘を描く力作。
16 仮釈放 不倫の妻を殺し無期刑となったが後に仮釈放された男の心理を綴る秀作。
17 桜田門外ノ変 2010年が150年目という事で映画化もされた。何故井伊直弼が襲撃されたのか、当時の歴史を知るのに最適。
18 三陸海岸大津波 三陸における津波の歴史
19 私の流儀 エッセイ集
20 背中の勲章 太平洋戦争で米国内で捕虜とされ、戦後帰国した人々の葛藤物語。
21 光る壁画 内視鏡を製作した医師と技師の物語。
22 史実を追う旅 本を書く為の取材で各所を回られた時の話をまとめたエッセイ
23 陸奥爆沈 戦時中に瀬戸内海で爆沈した陸奥の原因を追求する。
24 プリズンの満月 刑務官の目で見た巣鴨プリズンの戦犯たちの話。
25 蜜蜂乱舞 花を求めて日本を旅する養蜂一家の苦闘を描いた物語。
26 零式戦闘機 ゼロ戦設計時の苦労や、実戦での活躍などゼロ戦の歴史を描く。
27 破船 嵐の中、浜で火を焚いて近づく船を座礁させ積み荷ほ奪う海辺の村の物語。
28 海馬 動物主題の短編集。
29 街のはなし エッセイ集
30 アメリカ彦蔵 難破してアメリカ船に救助さて渡米、帰化した彦蔵の波乱に満ちた人生。通訳となり、帰国も果たすが...。
31 赤い人 北海道開拓史に残る集治監の歴史。
32 虹の翼 ライト兄弟よりも前に飛行機を構想した日本人の生涯。
33 歴史の影絵 エッセイ集
34 東京の下町 エッセイ集
35 遠い日の戦争 上からの命令で米兵を処刑した男が戦後逃亡し、捕まり、判決を受けるまでのストーリー。
36 海もくれきる 詩人尾崎放哉の話。
37 雪の花 江戸末期の天然痘と戦った医師の話。
38 羆嵐 人喰い羆との格闘の実話。
39 冷い夏、熱い夏 弟の癌闘病そして死に至る話。
40. 殉国 鉄血勤皇隊として14歳で陸軍二等兵となった沖縄の少年の話。
41 天狗争乱 水戸浪士天狗党の中山道から越前への移動にかかる史実を追う。
42 私の文学漂流 エッセイ。何度も芥川賞候補になっただけでなく、文春から受賞を伝えられながら間違いだったという辛い話も。
43 白い航跡 脚気の原因追及に生涯を捧げた医師の話。食事療法が日本の海軍を救った。
44 長英逃亡 放火によって牢獄から出た高野長英が日本中を逃亡する話。
45 花渡る海 江戸時代ロシアのカムチャッカへ漂流し、種痘の技術を学び日本に帰還した人の話
46 落日の宴 ロシア使節プチャーチンと互角に交渉した勘定奉行川路聖謨の話
47 ふぉん・しいほるとの娘 シーボルトの娘イネが女医を志して大成する波乱の一生を描いた大作。
48 私の引出し エッセイ集
49 神々の沈黙 心臓移植の話。
50 夜明けの雷鳴 渡欧した医師高松凌雲の話
51 蟹の縦ばい エッセイ集
52 海の祭礼 鎖国期の日本に来て英語を教えたマクドナルドの話。
53 旅行鞄の中 エッセイ集
54 大黒屋光太夫 漂流してロシアに辿り着いた光太夫の話。
55. 月夜の記憶 エッセイ集
56. 虱と爆弾 731部隊の話。
57. 間宮林蔵 樺太とサハリンは同じもので、しかも大陸と離れた島である事を実証した間宮の話。
58 彰義隊 皇族ながら戊辰戦争で朝敵となった寛永寺山守・輪王寺宮能久親王を守護する彰義隊の話。
59 亭主の家出 結婚式場のあるホテルに勤務する亭主が家でする話。
60. 海軍乙事件 標題他山本五十六搭乗機撃墜の海軍甲事件など短編四編。
61 日本医家伝 日本の医学上歴史的人物の短編集。
62. 幕府軍艦回天始末 幕府の軍艦回天の始末記
63. お医者さん・患者さん エッセイ
64 実を申すと エッセイ
65 昭和歳時記 エッセイ
66 ひとり旅 エッセイ
67 黒船 幕末舞台
68 死顔 遺作
69 天に遊ぶ 短編集
70 魚影の群れ 短編集
71 短編集
72 戦史の証言者たち 『戦艦武蔵』、「海軍甲事件」、「海軍乙事件」等証言者へのインタビューのまとめ等
73 メロンと鳩 短編集
74 帰艦せず 短編集
75 初期歴史短編集
76 北天の星 ロシアから帰還した五郎治が日本で最初の種痘を北海道で行なう。「花渡る海」の久蔵よりも数年早い種痘伝来。
77 吉村昭の平家物語 平易に口語訳されている。
78 彦九郎山河 寛政の高山彦九郎の生涯をたどり、その実像に迫った長篇歴史小説。
79 縁起のいい客 エッセイ

 既に読んだ本では「ポーツマスの旗」と「生麦事件」を推奨しておきます。どちらも歴史教科書で触りは習った話ですが、やはり詳しい史実に基づいた小説を読むと、当時の背景も良く判り、時の交渉はこういうものだったのかと感心する所が多いです。生麦事件は何故この事件が重要な事件なのか以前は良く知りませんでしたが、吉村氏の小説を読めば、欧米列強による圧力が、明治維新の力となった事が実に良く理解出来ます。

吉村昭資料室

吉村記念文学館の記事


9. 北杜夫 (2011.1.8)

 概論に挙げた15人の作家はその後全く読んでいなかったのですが、例外的に北杜夫だけは105円本のおかげで数冊読み終わり、今後も多少は読むかも知れません。因みに彼は私が中学生だった頃学校で最も人気の有った作家で、下の17番までは高校までに読んでいます。北杜夫は言わずと知れた斉藤茂吉の子供で、東北大医学部卒業後精神科医になった人物です。作品は純文学とユーモアものの二系統があります。

 最近読んだ本では「輝ける碧き空の下で」が「楡家の人々」に並ぶ純文学長編で、北杜夫の傑作の一つでしょう。南米に移住した人々にどんな苦労が有ったのか、この本を読む事で知る事が出来ます。当サイト閲覧者にも是非読んで頂きたい作品だと思います。

項番

書名

コメント

1 木精 読んだのは学生の頃
2 楡家の人々(上) 読んだのは学生の頃
3 楡家の人々(下) 読んだのは学生の頃
4 幽霊 読んだのは学生の頃
5 高みの見物 読んだのは学生の頃
6 さびしい姫君 読んだのは学生の頃
7 船乗りクプクプの冒険 読んだのは学生の頃
8 夜と霧の隅で 読んだのは学生の頃
9 どくとるマンボウ昆虫記 読んだのは学生の頃
10 どくとるマンボウ航海記 読んだのは学生の頃
11 白きたおやかな峰 読んだのは学生の頃
12 南太平洋ひるね旅 読んだのは学生の頃
13 どくとるマンボウ途中下車 読んだのは学生の頃
14 マンボウ周遊券 読んだのは学生の頃
15 酔いどれ船 読んだのは学生の頃
16 怪盗ジバコ 読んだのは学生の頃
17 怪盗ジバコの復活 読んだのは学生の頃
18 どくとるマンボウ医局記 北杜夫読書復活の一冊
19 輝ける碧き空の下で第一部上 南米移住者の物語
20 輝ける碧き空の下で第一部下 同上
21 輝ける碧き空の下で第二部上 同上
22 輝ける碧き空の下で第二部下 同上
23 マンボウ恐妻記 膝小僧の可愛いかった妻もいまは、...
24 マンボウ阪神狂時代 熱狂的阪神ファンの氏が書いたエッセイ。
25 マンボウ夢遊郷 ギャンブル好きのマンボウ氏は。
26. マンボウ氏の暴言とたわごと いつもの軽妙なエッセイ。
27. マンボウ最後の大バクチ 株で大損している氏の新たな挑戦か?
28. マンボウ遺言状 死期の近い事を前提に書かれた好エッセイ。
29. マンボウ人間博物館 元精神病医らしいエッセイ。
30. マンボウvsブッシュマン いつものユーモア系。
31. 大日本帝国スーパーマン ユーモア系
32. 母の影 斉藤輝子さんの想い出
33 父っちゃんは大変人 ユーモア系
34 マンボウ酔族館 part2 エッセイ
35 マンボウ百一夜 エッセイ
36. 孫ニモ負ケズ エッセイ
37. マンボウの素人乗馬読本 軽井沢族の優雅な乗馬のお話。
38. 優しい女房の殺人鬼 自らを描いたような小説。
39 神々の消えた土地 戦時中の物語
40. 月と10セント 読むのは2度目。月着陸当時の米国珍道中。
41. マンボウ共和国建国由来記 エッセイ
42. マンボウ酔族館 エッセイ 株取引の話は面白い
43. 夢一夜・火星人記録 ユーモア満載短編集。
44. マブゼ共和国建国由来記 エッセイ
45. 消えさりゆく物語 小説なのかエッセイなのか?
46. 悪魔のくる家 株の話
47. 大結婚詐欺師 ユーモア小説
48 私はなぜにしてカンヅメに大失敗したか ホテル缶詰失敗録
49 マンボウ家族航海記 エッセイ
50 マンボウ交遊録 孤狸庵先生始め友人との交遊エッセイ
51 マンボウ雑学記 何と岩波新書に北杜夫氏のが有ったとは。
52 マンボウぱじゃま対談 対談集
53 人工の星 未来小説
54 まっくらけのけ 短編集
55 マンボウ最後の名推理 ユーモア小説
56. マンボウ回想録 回想記
57. マンボウ響躁曲 エッセイ
58. 巴里茫々 パリ訪問のエッセイ等
59. ハパは楽しい躁うつ病 斎藤由香との共著
60. 世の中どうにかなるもんだ エッセイ(図書館で借りた)

(過去のものの寄せ集めなので多くは既読)

北杜夫ファンページ


10. 司馬遼太郎 (2011.1.19)

 司馬遼太郎私の好きな作家に入っているとは言えません。私が日本史に余り興味を持っていないからです。過去に読んだ本も「街道をゆく」シリーズが殆どで、読んだ歴史小説も中国のものです。

1. 項羽と劉邦 上中下 読んだのは10年以上も前
2 本所深川散歩神田界隈 読んだのは10年以上も前 街道をゆくシリーズ
3 本郷界隈 読んだのは10年以上も前 街道をゆくシリーズ
4 ニュ−ヨ−ク散歩 読んだのは10年以上も前 街道をゆくシリーズ
5 アメリカ素描 読んだのは10年以上も前
6 三浦半島紀 読んだのは10年以上も前 街道をゆくシリーズ
7 台湾紀行 読んだのは10年以上も前 街道をゆくシリーズ
8 神戸横浜散策・芸備の道 久し振りに読んだ 街道をゆくシリーズ
9 世に棲む日々 1,2,3,4 吉田松陰はじめ幕末の英雄たちの歴史を描いた小説
10 沖縄・先島への道 沖縄本島のみならず、竹富島、与那国島などを訪ねその歴史を考察。街道をゆくシリーズ
11 オホーツク街道 北方領土や樺太、アイヌ民族・言語などその歴史について様々に考察、学ぶ所は多い。街道をゆくシリーズ
12 歴史と視点 エッセイ集。氏は陸軍の戦車部隊にいた。
13 北海道の諸道 司馬氏は今東光氏と懇意だったと知った。街道をゆくシリーズ
14 湖西のみち、甲州街道、長州路ほか 街道をゆくシリーズの第一弾
15 郡上・白川街道、堺・紀州街道ほか 街道をゆくシリーズ
16 韓のくに紀行 街道をゆくシリーズ
17 信州佐久平みち ほか 街道をゆくシリーズ
18 歴史を紀行する 土佐から長州・大阪まで各地の紀行
19 中国・ビンのみち 街道をゆくシリーズ
20 北のまほろば 街道をゆくシリーズ
21 中国・江南のみち 街道をゆくシリーズ 
22 日本史探訪 日本史の幾つかのテーマに対する考察
23 風塵抄 エッセイ集
24 中国蜀と雲南の道 街道をゆくシリーズ
25 秋田県散歩、飛騨紀行 街道をゆくシリーズ
26 日本人を考える 対談集
27 坂の上の雲 1-8 日露戦争の話。
28 竜馬がゆく 1-8 いわずと知れた坂本龍馬の話。
29 オランダ紀行 街道をゆくシリーズ
30 空海の風景上下 空海の生涯
31 モンゴル紀行 街道をゆくシリーズ
32 燃えよ剣上下 新選組副長土方歳三の話。
33 南蛮の道 1 街道をゆくシリーズ
34 南蛮の道 2 街道をゆくシリーズ
35 近江・奈良の旅 街道をゆくシリーズ
36 白河会津の道、赤坂散歩 街道をゆくシリーズ
37 嵯峨散歩、仙台石巻 街道をゆくシリーズ
38 越前の諸道 街道をゆくシリーズ
39 愛蘭土紀行1 街道をゆくシリーズ
40 街道をゆく夜話 街道をゆくシリーズの付録
41 陸奥のみち、肥薩のみちほか 街道をゆくシリーズ
42 甲賀と伊賀のみち、砂鉄のみち 街道をゆくシリーズ
43 熊野・古座街道、種子島のみち 街道をゆくシリーズ
44 濃尾参州記 街道をゆくシリーズ
45 肥前の諸道 街道をゆくシリーズ
46 十津川街道 街道をゆくシリーズ
47 大徳寺・中津・宇佐のみち 街道をゆくシリーズ
48 因幡・伯耆のみち梼原街道 街道をゆくシリーズ
49 阿波紀行 紀ノ川流域 街道をゆくシリーズ
50 叡山の諸道 街道をゆくシリーズ
51 愛蘭土紀行2 街道をゆくシリーズ
52 島原・天草の諸道 街道をゆくシリーズ
53 耽羅紀行 街道をゆくシリーズ
54 ロシアについて エッセイ。ロシアという国家の本質を鋭く解説。
55 南伊予・西土佐の道 街道をゆくシリーズ
56 壱岐・対馬の道 街道をゆくシリーズ
57 羽州街道・佐渡のみち 街道をゆくシリーズ これで全43冊を読破。
58 全講演(1)-(5) (1)(3)(4)は図書館で借りて読んだ。
59 この国のかたち1 日本の歴史考察
60 翔ぶが如く1-10 全10冊の幕末前後の大作。
61 司馬遼太郎の考えた事1-15 寄せ集めのエッセイ集。6,8,12,13,14,15は図書館で借りた。
62 幕末 幕末の殺人がらみ連作集
63 胡蝶の夢 幕末を駆け抜けた蘭方医二人の話
64 菜の花の沖1,2,3,4,5,6 高田屋嘉兵衛を通して千島の日露関係を学べる本。
65 長安から北京へ エッセイ、旅行記
66 以下、無用のことながら エッセイ
67 梟の城 司馬遼太郎初期の記念碑的作品。
68 戦争と国土 エッセイ
69 アジアの中の日本 対談集(陳舜臣他)
70 最後の将軍 徳川慶喜の話。図書館で借りた。
71 新選組血風録 燃えよ剣に続く新選組もの。図書館で借りた。
72 功名が辻1-4 山内一豊の妻の話。図書館で借りた。
73 花神 上中下 大村益次郎の話。図書館で借りた。
74. 峠 上中下 図書館で借りて読んだ。

 しかし一冊105円ならと、四冊構成の「世に棲む日々」を読みました。これは吉田松陰や高杉晋作の時代の物語です。吉田松陰が長崎に学問に行ったとか、密航して米国行きを図ったとか、知ってはいても当時の様子を想像出来る事は無かったのですが、この本によって多少は様子を伺い知る事が出来ました。

 私は世界史には興味を持っていますが、日本史で興味があるのは近現代史だけです。その意味では明治史の本である「坂の上の雲」なんかは読書対象にすべきという感もあります。遠くない時期に読む機会のある事を期待します。 

司馬遼太郎を読む

(追記 2017.05.13)

 2011年当時司馬遼太郎は好きな作家に入ってはいないと書いていましたが、その後多くの作品を読んで一応今は好きな作家の一人です。世に棲む日々坂の上の雲竜馬がゆく空海の風景燃えよ剣翔ぶが如く菜の花の沖と主要な長編作品を読みました。

 歴史の理解には坂の上の雲竜馬がゆく翔ぶが如く等が推奨作品です。しかし個人的に良いと思った作品は菜の花の沖です。因みに坂の上の雲は日露戦争、竜馬がゆくは幕末の坂本龍馬が、翔ぶが如くは維新時、特には西郷隆盛を描いた作品です。

 しかし菜の花の沖はそうした大きな事件や偉人の話ではなく高田屋嘉兵衛という船主・船乗りの生涯の話です。船主となる経緯や和船の設計、操船術といった事にも興味はありますが、ロシアに拿捕されてからの対ロシア人交渉術が良く書けています。北方領土の経緯や、その後の対ロシア政策を考える上でも参考となる本でした。


L.Link

ozawaの読書の時間リンク集

手軽に買うなら アマゾン = http://www.amazon.co.jp/

本屋を探しても無い場合、結局ここが便利です。

電子文庫パブリ = http://www.paburi.com/paburi/

岩波書店 = http://www.iwanami.co.jp/

新潮社 = http://www.shinchosha.co.jp/

講談社 = http://www.kodansha.co.jp/

中央公論新社 = http://www.chuko.co.jp/

文藝春秋 = http://www.bunshun.co.jp/

復刊ドットコム = http://www.fukkan.com/

 


番外1.電子辞書で読書(2007.11.11追記)

 読書の秋という事ですが、最近余り新刊書は読んでいません。新刊書を買っても置く場所が無いというのが一つの原因です。私の蔵書はこのリストを遥かに越えて3300冊強ですが、かなりの数は実家に置いたままで、どこに有るのか判らないという状況になっています。BOOK OFF等で安く古本が買える事もあり最近良く読んでいますが、これだと読み捨てという事で場所の問題は回避出来ます。ところで電子書籍なら、置く場所の問題もなく本を読めます。

 現実に携帯電話やiPodで本を読んでいる方はいるようですが、あんな小さな画面での読書をする気はありません。ニンテンドーのDSはまだ許せる程度かも知れませんが、私手持ちのスマートフォンW-ZERO3で良いとも思えません。そんな事で電子書籍とは縁が無いと思っていましたが、電子辞書が十分に使えるという事が判りました。私は青空文庫からダウンロードした夏目漱石や太宰治などの古典を読んでいます。

 電子辞書もピンからキリまでで、小さい画面のものは駄目でしょうし、そもそも外部からデータを入れられないものはそうした使い方は出来ません。しかし外部からデータを導入可能な機種は増えているようで、私の使っているCASIOのGW9600という機種ですと、パソコンとUSB経由で繋いでテキトスデータを本体あるいはSDカードに簡単に入れられます。この機種は画面が割と大きいので、その面での問題もありません。

 更に良いのは文字の大きさが簡単に変えられ、しかも直前に読んだポイントを覚えていますので、そのテキストファイルを開けばすぐに、そこを表示してくれます。青空文庫だけでも読みきれないほどフリーのテキストファイルはありますし、これ以外でも下記のように色々なものがあります。秋の夜長は、電子辞書で日本の古典や英文学はいかがでしょう?

青空文庫 = http://www.aozora.gr.jp/

書籍デジタル化委員会 = http://www.eonet.ne.jp/~log-inn/

自由文庫 = http://archive.hp.infoseek.co.jp/

北沢文庫 = http://www.ftm.co.jp/bunko/

Project Gutenberg の Online Book category = http://www.gutenberg.org/catalog/

 このProject Gutenbergはすごいというか、このサイトだけでも一生読み切れないだけの英語の文学テキストが手に入ります。


番外2.続・電子辞書で読書(2009.09.19追記)

 電子辞書を更新し、読書環境が良くなりました。従来は上で紹介したCASIOのGW9600でしたが、新しい電子辞書はシヤープのPW-AC910です。以前紹介したX02HTの青空子猫も良いのですが、こちらは携帯電話という事で画面が小さく実用に耐えませんでした。三者を比較すると、下表のような感じです。

機能

AC910

GW9600

青空子猫

画面

大きい

大きい

携帯なので小さい

しおり機能

有(但し、電池入替時に消失)

ルビ機能

縦書き

バイト位置表示

タイトルのソート機能

ファイル名

漢字可

アルファベット

漢字可

 機能的に青空子猫は捨て難いのですが、携帯用という事で画面が小さく、読書という点では致命傷です。GW9600はブックリーダーと言うよりは、テキストビューアで今一つでしたが、AC910では縦書きルビ付きで読む事が可能となり、iPadのように嵩張る事もなく、現状最も良い電子書籍媒体だと思います。CASIOも恐らく機能改善していると思いますが、シャープの特価で手に入れたAC910で当面ブックリーダとしては問題がありません。欲を言えば、バイト位置表示は欲しいですが、まぁ今後の改善項目として期待する事にしましょう。


→ 2016/08/9追記

持っている電子辞書では一番新しいはずのAC910が壊れました。画面が真っ白となり、何も表示されません。スマホ全盛電子辞書の時代は終わったと諦めます。


番外3.青空文庫ビューア(2011.02.14追記)

 私はかってエディタで青空文庫を読んでいました。読み終わった所は削除するという荒手の読書でしたが、その後「窓の中の物語」といったフリーソフトで、縦書きで読書していました。一方iPod Touchでは豊平文庫ですが、こちらは青空文庫からのダウンロード機能も付いています(フリー版は20書籍まで)。これを見た時、PC版でもこの手のものはないのかにと思いましたが、ありました。

 DigiShelfがそれで、基本機能はフリーです。但し、サンプル以外の本も保存したい時はライセンス購入が必要なので、ネットワーク環境が良くないとフリーで使うのは厳しいかも知れません。このソフトが素晴らしいのは青空文庫だけではなくProject Gutenbergも、容易にダウンロードが出来る点です。

 中学の頃は日本の明治時代中心の古典文学を学校で読まされた事もあって、当時は良く神田の古本屋で夏目漱石とか買いましたが、今や紙で無くても良いとなれば、基本的に無料で読めます。iPadやGalapagosといったReaderも気になりますが、PC上の読書で良しとするのであれば、このDigiShelfで十分に楽しめます。


番外4.NetWalkerで読書(2011.03.29追記)

 一長一短があるので、これがベストという読書媒体はないのですが、取り敢えず私はシャープ製のNetWalkerを現在最もベターなものとして選択しました。下は以前載せた比較表にNetWalker(PC-Z1J)を追加したものです。

名称

PC-Z1J

AC910

GW9600

青空子猫

製品概要

シャープ製ネット端末

シャープ製電子辞書

カシオ製電子辞書

X02HTで動くソフト

画面

大きい

大きい

大きい

携帯なので小さい

しおり機能

有(但し、電池入替時に消失)

ルビ機能

縦書き

バイト位置表示

タイトルのソート機能

有(貧弱)

ファイル名

漢字可

漢字可

アルファベット

漢字可

無線LAN

不可

文書数

200以上OK

200まで(1ディレクトリィ)

?

?

 青空子猫は携帯用で画面が小さいのが致命的です。NetWalkerの大きさは大きめの電子辞書と変わらないので、丁度手頃な大きさです。電子辞書との大きな違いは無線LANに繋がるかどうかです。繋がってしまえば早い話、青空文庫他ネットから取れるフリーの文書は全て見れるという事になります。また私は買いたいと今は思っていませんが、シャープのサイトから有料の電子ブックも購入可能です。

 上の比較表を見て頂いても判るように、無線LAN以外項目ではNetWalkerと同じシャープの電子辞書との機能の差は微妙です。最終的には文書数の違いが大きいです。Netwalkerのユーザーエリアは2G程ですが、この範囲であれば何冊でも入ります。電子辞書の200冊ではちょっと少ないので、NetWalkerに分があります。


番外5.その後の電子読書(2012.09.19追記)

 いくつか検討したBook readerですが、結局これはというのが無くて買っていません。一方でEeePadは重くて携行性に問題があり、NetWalkerは電池の持ちが悪く駄目です。結局はシャープの電子辞書AC910をReader代わりに使っています。ボタンを押しての頁送りは今一つですが、スイッチを入れればすぐ使えて、しかもいつも持ち歩いている電子辞書そのものなので、携行性は全く問題になりません。新しい本は入らないものの、青空文庫などの著作権切れ専用と思えば、これで十分です。

 上で紹介しているように、既に三年使っていますが、辞書としても特に不満はありません。読書の履歴とかも記憶してくれると良いのですが、本来辞書であるものにそこまで求めるのは贅沢と言うべきでしょう。若い方ならiPhoneなりのスマートフォンでも良いと思いますが、ディスプレーも字も大きい電子辞書は、私の年代(50代のこと)に合っています。


番外6. スマホで読書 (2013.02.17)

 電子辞書読書の問題はその重さ、形状から駅のホームで立ちながら読むのが難しい点でした。これは3台目のスマートホンで解決しました。2台目スマートホンは画面が小さ過ぎる問題がありましたが、3台目のSH-02Eははそれはクリアしています。しかし電池を喰うという問題もあって、長い時間には向かず、電子辞書と当面併用です。

 スマートホンが使えるという事で、本物の電子書籍、例えばReaderやKindleは当面買いません。新刊書も電子書籍という流れになれば考えますが、暫くは青空文庫等の著作権切れ書籍をスマートホンと電子辞書の塀用で乗り切ります。


番外7 タブレットで読書(2013.09.13)

 最近電子辞書は持ち歩かなくなり、電子読書はスマホ専門でしたが、スマホは電池喰いという問題があります。タブレットも電池喰いですが、こちらは電話の受け待ちがないので、使っていない時は電源OFFという強みがあります。

 よって電車の車内などでは電子辞書に代えてタブレット(Iconia W3-810)で読書です。導入したリーダはWindows8用のN Readerというソフトです。無料で、メニュー画面に広告が入りますが、読書画面には出ません。暫くこれで読書します。


番外8 続タブレットで読書(2015.03.15)

 既に前回Windowsタブレットで書いて1年半経過しています。Iconiaは軽くはないのであまり持ち歩かず、しかも電子リーダkobo gloも買ってタブレットで読書は下火でした。しかしAndroidタブレットのMemoPadを買った事で、復活の兆しです。

 スマホよりも画面が広く、読書にタブレットは向いています。スマホは電話として使う事で電池の持ちが問題ですが、タブレットは電子リーダほどではないものの、取り敢えず電池の問題もなく、こちらで読書となると、電子リーダの出番自体が減りそうです。

 MemoPadに入れたソフトはSideBooksというリーダーソフトです。数多あるソフトを全て試すほど暇でもないので、これが最善かは判りませんが、なかなか良いソフトと判断しています。

1. 本棚はグラフィクスで見易い。(但し、この手のものは沢山あります。)

2. PDFも見られるし、ページ送りの動きはビジュアルで本物の本のような感覚。(Android版 Sonyリーダも同程度)

3. ページ数表示も可能でどこまで読んだか良く判る。

 青空文庫をPDF化したものなど、数多の本を既に持っていますので、当面はこのSideBooksで読書とします。


番外9 iPod touchで読書(2017.05.20)

 iPod touchは画面も小さく読書向きではないようにも思いますが、侮れない面もあります。

 青空文庫は全てがダウンロード出来る訳ではないものの、有名な明治の著作はiTuneで手に入ります。画面の小ささは、フォントの大きさでカバーできます。なので使い易いとは言わないものの、読書用に使えないという事ではありません。

 侮れないというのはiBookソフトが結構良いソフトだというところです。ブックマークとか意識せずに、途中まで読んでいる本はそこから表示してくれます。並びも最近読んだ本を上にしておけば、探すのも便利です。ソフト自体の使い勝手は良いという事で、画面の小さいハンデを乗り越えて、十分に読書用に使えます。


番外10 最新辞書で読書 (2017.06.21)

 電子読書はタブレットが最適と最近書いています。にも関わらずあえてまた最新の電子辞書です。写真下はカシオ製(XD-G7300)の中国語辞書中心の製品ですが、著作権に問題の無い日本物2000作品、英語物1000作品がプリインストールされています。

 上は夏目漱石の例ですが、主だった作品は全て入っていて、青空文庫にいる作者は基本的に皆同じです。なので、ネットに繋がらなくともオフラインで十分に読めます。

 英語の場合は知らない単語から辞書に飛べる機能が有れば良いと思いますがそれは有りません。なのでその辺は専用のリーダーやタブレットに分が有ります。読書日時の履歴記録も有ると良いと思いますが、残念ながらそれもまたありません。

名称

PC-Z1J

GW9600

AC910

XD-G7300

製品概要

シャープ製ネット端末(NetWalker)

カシオ製電子辞書

シャープ製電子辞書

カシオ製電子辞書

しおり機能

有(但し、電池入替時に消失)

ルビ機能

縦書き

ファイル名

漢字可

アルファベット

漢字可

(未確認)

無線LAN

文書数

200以上OK

?

200まで(1ディレクトリィ)

プリインスト(日2000/英1000)

備考

   

2010年に買ったが2015年頃に壊れてゴミとなった。

直近に読んだ10作品を記憶。265グラム。

 それでもまぁ本来の辞書機能の付録でこれだけの作品が読めれば、基本的な問題はないと言うか、電子辞書が壊れない前提で一生読む事が出来ます。尚、200グラムもない専用リーダーより重いので(265グラム)、電車内で立って読むとかは難しいかも知れません。


番番外. オンライン読書録 (2012.10.02更新)

 買った本は最後まで読んだかに関わらず記録が残ります。一方図書館などで借りた本は、記録を取っていないので、記憶に残っているもの以外は判らないという状態です。さて青空文庫などでダウンロードしたものも何を読んだか記録にないので、ここに整理しておく事としました。

No.

分類

作者

書名

日付

1 新潮文庫の100冊 藤原正彦 若き数学者のアメリカ  ?
2 新潮文庫の100冊 阿川弘之 山本五十六  2012/9
3 新潮文庫の100冊 倉橋由美子 聖少女  2012/9
4 新潮文庫の100冊 沢木耕太郎 一瞬の夏  2012/9
5 新潮文庫の100冊 村上春樹 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド  2012/9
6 青空文庫 島崎藤村 夜明け前  2012/10
7 新潮文庫の100冊 福永武彦 草の花  2012/10
8 新潮文庫の100冊 筒井康隆 エディプスの恋人  2012/10
9 新潮文庫の100冊 大岡昇平 野火  2012/10
10 新潮文庫の100冊 宮本輝 錦繍  2012/10
11 新潮文庫の100冊 渡辺淳一 花埋み  2012/10
12 新潮文庫の100冊 水上勉 越前竹人形  2012/10
13 新潮文庫の100冊 井上ひさし ブンとフン  2012/10
14 新潮文庫の100冊 有吉佐和子 華岡青洲の妻  2012/12